のんびり肉体改造ブログ

30代社会人のトレーニング記録と雑記

肉体改造に「追い込み」は必須ではないと思う

先日テレビを観ていると、あるトレーナーが「筋トレは追い込んでなんぼ」といった趣旨の発言をしていました。
フィットネスブームが到来していると言われて久しいですが、いくらTV受けするとはいえ気持ちを強調するような発言で、なんだかモヤモヤしてしまいました。


以下の山本義徳さんのインタビューや書籍にもある通り、筋力向上や筋肥大はストレスへの応答反応です。

physiqueonline.jp

毎回息も絶え絶えになるようなトレーニングは筋力向上や筋肥大の目的に対して、効率的とは言えないと思います。
「筋トレは追い込んでなんぼ」は一概に正しいと言えません。


そもそもトレーナーとそうでない人で、筋トレに対するアプローチの仕方に違いがあります。
トレーナーの方は、いい体でいることや動けること自体が自身の業務上の能力を示すわけですから、筋トレはその目的を達成するための唯一の手段なわけです。
普通の社会人はトレーナー程に筋トレが好きなわけではありません。
ただ、痩せたいとか健康になりたいとか、そういう目的を達成するための「1つ」の手段として活用するわけです。

痩せたいとか健康的な状態って、短期間だけ達成できれば良いわけではなく、長期間その状態を維持したいんですよね。
その手段が「毎回追い込むような筋トレ」だと憂鬱じゃないですか。何十年も自分を追い込むような生活するんですか?


話が変わるようですが、人が1日で決断できる量には限りがあると言われています。

studyhacker.net

決断は精神的疲労の元になっているのです。
追い込むということは、体力的にキツいところで「あと1回頑張るのか?」と決断を迫る行為です。 服を選んだり、食事を決めたりするよりも精神的なダメージが大きい可能性は十分にあります。

普段の仕事や家族サービスでいっぱいいっぱいな所に、精神的に負担がかかるようなトレーニングは、続けるのが非常に困難だと思います。
いくら体が言うことを聞く状態だったとしても、気持ちが萎えてしまえば継続することが出来ません。


健康で引き締まった体を得るまでに、そんなに多くの労力を必要としないと思います。
適度な運動、適度な食事、適度な睡眠になるように、少しずつ習慣を整えていく。
無理のない範囲で少しずつ改善していく。
長く続ける。


最終的に一番良い成果が得られるのはそういった姿勢だと思います。