のんびり肉体改造ブログ

30代社会人のトレーニング記録と雑記

じゃあ誰でも書ける筋トレブログ書いて面白おかしいのかという話

私がブログを書き始めた理由はいくつかありまして、その1つに「自分が欲しいと思った情報がない」というのがあります。トレーニング情報を色々と漁っていると、専門的な言葉を並べ立てていて、科学的にこれが正しい!と書いてあります。でも、私は技術屋でひねくれているので、専門的な言葉の1つ1つ、あるいは論理構成としてしっくりこなければ、全く納得できないんですよね。

例えば「シアロードが発生しないように膝を前に出さないで云々」ってありますけど、シアロードとは何で、どこでどんな理屈で発生しているのか、なぜ膝を前に出さないという対処が正しいのですか?それがわからないと、その対処を適用して良いのか悪いのか判断できなくないですか?みんな不思議に思わないのかな。そう思って、自分の頭で考えて、これを書きました。

www.nombiri-training.com

www.nombiri-training.com

または、筋肉の収縮様式は何となく3つあることは理解していても、物理的にどういう条件であれば成立するのか、頭で整理できています?私はさっぱりでしたので、考えてこれを書きました。

www.nombiri-training.com

www.nombiri-training.com

あるいは、これだけサラリーマンが筋トレしているのに、月額の出費がわからないと、奥さんを説得できないでしょ!と思って、これを書きました。

www.nombiri-training.com

確かにこういった情報は、せん断力や収縮様式は専門書を見れば書いているだろうし、月額の出費もターザ○を見れば書いているのかもしれません。でも、自分で考えて、自分で試行錯誤して、確からしい答えを見出すのって楽しいと思うんです。「科学的に正しい云々」って流行ってますけど、科学は先人の個人的情熱で得られた知見の積み重ねです。仮説の段階で個人の思いが多分に入っているわけです。だから得られた知見が本当に正しいかどうかはわかりません。特に筋トレの分野はそうです。理屈がわからないからといって、統計データや間接的な情報からの推測に頼るケースが多く、「本当の正解」にたどり着いていないことが多いでしょ?だから新しいトレーニング方法がわんさか出てくるんじゃないですか。

だからこそ、だからこそ自分の頭で考えて、取捨選択して、試行錯誤するべきなんです。それを私はここで発表しています。素人の私が考えたことなんで、絶対に正しいとは言えません。でも、自分なりに理屈を考えて答えを探す作業がとても大切なんです。
「それ、どこに正しいって書いてるんですか?」知らないっすよ。今まで答えが見当たらなかったから、自分で考えたんですよ。それじゃだめなんですか?てかなんで自分で正解っぽいかどうか考えないんですか?

ただね、さっき紹介したような記事を書いて、アクセス数見るじゃないですか。めっちゃ少ないわけですよ。いつも見て頂いている方もいらっしゃって、すごく嬉しいんですけど、めっちゃ少ないんですよ。1年続けてるんですよ。失礼ですけど他の方のショウモナイ、アフィリエイト狙いな記事より大事なことだって何度か書いているはずです。なのに何だこの少なさは。俺の文章が下手くそだからなのか、興味ないのか、それともつまらないのか。

俺は絶対に誰でも書けるようなことは書かない。アクセス数多いのは羨ましい。めっちゃ羨ましいけど二番煎じ三番煎じみたいな記事はまっぴらだし、面白くないし、本当に皆が欲しい情報じゃないと信じている。自分が疑問に思うことや、不思議に思うことを調べて理解して、調べてもわからないことがあれば自分で考えて構築する。その過程や新しい答えが楽しいのであって、皆が考えたり、試行錯誤するきっかけになる有益な情報になると信じて、これからも発信する。

よろしく!